スギ花粉が飛ばなくなる薬ができました

1名前アレルギー2008-02-23 18:23:22

スギ花粉、飛散防ぐ薬剤・日油と東農大が開発

中堅化学メーカーの日油と東京農業大学の小塩海平准教授は共同で、花粉症の原因となる

スギ花粉の飛散を防ぐ薬剤を開発した。夏ごろに薬剤をスギに散布すれば雄花だけが枯れて花粉を作らなくなる。

主成分は天然物由来で環境や人体への影響はないという。

両者は「4—5年後に実用化し、スギ花粉症の抜本対策につなげたい」としている。

2005年から林木育種場などで実施してきた実験によると、スギが雄花を形成する夏から秋にかけて

開発した液体の薬剤を空中散布すると、散布部分は約1カ月後に雄花だけがすべて枯れた。

年に1回の散布で効果が得られるという。

hhttp://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20080223AT1D210E022022008.html

23名前アレルギー2010-02-26 21:14:45

>>1

ええい実用化はまだか

あと2年も待てないよ

25名前アレルギー2010-02-28 00:48:48

>>1

当社は早期の上市を目指し、薬登録に必要なスギへの薬効試験、

スギと農作物への薬害試験、生物毒性試験等を計画し登録申請を行うべく開発を進めています。

これらの試験をする過程で散布できるスギ林の面積、需要量を明確にしていきますが、

本研究開発は今後大きな市場規模に繋がっていくと推定しています。

今後の試験と農薬登録申請に4〜5年間は必要ですが、

登録されれば全国のスギ林に散布することが可能となり、

スギ花粉症の根本的な対策になることが期待されます。

どうなってるのか経過を知りたい・・・

45名前アレルギー2016-03-05 19:01:10

>>1から8年も経ったけど、な〜んにも変わらない。

52名前アレルギー2017-02-21 16:34:36

>>1

9年経ちましたね日油さん( ^ω^)

3名前アレルギー2008-02-25 11:31:00

ってか、日本全国の杉に散布する予算を誰が出してくれるの?

実験は成功しても、現実的に実施されるのは無理でしょう・・・

6名前アレルギー2008-02-25 22:26:44

>>3

費用など国が出せばいいだろ

花粉症関係の経済損失をいくらだとおもってるんだ

7名前アレルギー2008-02-25 22:34:45

>>6

経済効果も有るじゃんw

8名前アレルギー2008-02-26 23:36:08

花粉症ビジネスで利益を上げてる業界が、これの実行を許さないということか。

このまま杉を放置していれば、これからも花粉症患者が増える一方なのは分かっているからな。

11名前アレルギー2008-02-27 13:19:04

花粉が飛ばなくなる薬品も良いが

花粉その物を破壊する細菌でも今のバイオテクノロジーで

作ってくれないかな

薬品は散布しても1回こっきりだが

細菌なら繁殖を繰り返してほぼ永遠だ

それを阻害しよう薬品メーカーがあったら晒しまくろうぜ!!

人を苦しませて金稼ぐとか言語道断だ

13名前アレルギー2008-03-02 12:11:22

>>11

その細菌が次第に変化して人間を直接攻撃するようになるかもね。

いかにも人間様なアホな発想

17名前アレルギー2008-03-12 20:24:57

実用化してくれー

34名前アレルギー2013-03-08 13:55:28

5年たったぞ

35名前アレルギー2013-04-01 01:41:16

>>34

製薬会社に潰されてしまった

36名前アレルギー2013-12-04 21:56:58

後5年待つから実用化してほしい。

47名前アレルギー2016-05-01 17:54:40

☆ 日本の核武装は早急に必須です。☆

総務省の、『憲法改正国民投票法』、でググってみてください。

日本国民の皆様方、2016年7月の『第24回 参議院選挙』で、日本人の悲願である

改憲の成就が決まります。皆様方、必ず投票に自ら足を運んでください。お願い致します。

50名前アレルギー2016-10-28 00:12:33

スギ花粉症の8割が改善 舌下免疫療法

厚労省調査

hhttp://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASDG11H3S_S5A610C1000000/

51名前アレルギー2017-01-01 16:42:43

>>50

舌下や減感作では治りません。

57名前アレルギー2018-04-09 14:28:05

はたして実用化され、薬剤の空中散布がおこなわれる。

そして、思わぬ弊害が起こる。

ぼくらの頼もしきおちんちんが枯れてしまう。もちろん、精液が飛ばなくなるのだ・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする