モーツァルト フルートとハープのための協奏曲

1名無しの笛の踊り2009-08-17 14:42:40

フルートとハープを使った史上最高の名曲、フルートとハープのための協奏曲について語りましょう

30名無し募集中。。。2009-10-30 19:21:31

>>1

良スレの予感!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

3名無しの笛の踊り2009-08-17 15:02:03

ランパル(fl)ラスキーヌ(hp)パイヤール指揮パイヤール室内管弦楽団 1963年録音

が何度聴いても最高です。

最初から決定盤出しちゃってスマソ。

77名無しの笛の踊り2010-06-30 14:59:50

>>3で同意。

19名無しの笛の踊り2009-09-24 00:35:54

第2楽章でサリエリが気絶しそうになるんだよねw

20名無しの笛の踊り2009-09-24 22:28:23

>>19

その日の晩にコンスタンツェのパイオツみて再び気絶寸前になったw

22名無しの笛の踊り2009-10-02 01:10:08

>>20

それはディレクターズカット観てないと分からないネタ

23名無しの笛の踊り2009-10-09 02:30:18

>>20

35名無しの笛の踊り2009-12-10 19:32:03

ポリーニ/ベームVPO をよく聴いてる。たまに無性に聴きたくなる曲だ

37名無しの笛の踊り2009-12-12 23:46:13

>>35

それはプリンス・ベームの演奏ですね

66名無しの笛の踊り2010-05-14 00:23:26

この曲今日からフルハーって呼ぼうぜ

99名無しの笛の踊り2010-12-09 07:50:38

>>66

いいねえ、フルハー。ウォルフガングをウォルフィー、コンスタンスをスタンジー、あのノリだね。

俺も今日からフルハーでいくわ。

85名無しの笛の踊り2010-09-03 03:22:15

トリップ・ウィーンフィルのやつが好き。

この曲、編成で言うとちょっと大きなセレナーデみたいなもんで

聞いてて心地よい。管はオーボエ・ホルンのみだし。

376名無しの笛の踊り2016-05-18 11:42:24

>>85

わたしも、これが「BEST盤」です。何と言ってもウィーンフィルハーモニーの薫りに満ちた音が素晴らしい。

カップリング曲の「プリンツによるK.622」。

「ラロ・シフリン盤」が私の圧倒的BEST盤ですが、これが次点盤になります。

大変お買い得盤かと。

90名無しの笛の踊り2010-09-20 21:31:55

23番は名作だけど個人的に癒されるかとなるとちょっと。

こっちの方はフルートとハープの絶妙な響きで癒される。

104名無しの笛の踊り2010-12-29 22:29:44

当時のフルートは今のベーム式導入前で音色も音程も不安定だったからあまり好まなかったって話でしょ?

手紙も複数残ってるっていうけど結局根拠ないし今ではあまり信じられてない説だな

事実フルートを嫌っていたらあんなにも美しいフルートコンチェルトを書けただろうか

111名無しの笛の踊り2011-02-09 21:05:38

この曲の第2楽章の楽譜を見ただけでサリエリが卒倒しそうになった

112名無しの笛の踊り2011-02-13 21:12:19

>>111

サリエリの役者、うまかったね。

あと、自分の曲として発表するから必死に「レクイエム」を写譜するシーン、

あれも良かった。

友達が誤解してたけど

あれは決してサリエリが親切だからではない。

…なんのハナシ?

122名無しの笛の踊り2011-05-15 21:05:46

>>112

あれは、写譜ではなく、口述筆記です。

136名無しの笛の踊り2011-11-10 15:32:47

フルートとハープの組み合わせってのが最高だよねえ。

それに他にこういう曲ないし。

166名無しの笛の踊り2012-08-08 18:33:39

>>136

「アルルの女」のメヌエットがある。

実質、ハープ伴奏のフルート独奏曲だが。

あと、武満徹の「海へ」 「そして、それが風であることを知った」とか。

162名無しの笛の踊り2012-07-25 22:25:02

この曲は協奏交響曲ではないんですか?

163名無しの笛の踊り2012-07-26 02:58:08

>>162

近いけど違うんだよな

164名無しの笛の踊り2012-07-26 05:45:00

>>163

どの辺が違うんですか?

165名無しの笛の踊り2012-07-27 20:45:47

>>164

バロック時代の合奏協奏曲が古典派時代の協奏交響曲に進化したという歴史があるらしいので、

古典派時代の標準二管編成に属さない独奏楽器(例えばハープ)が存在する複数楽器のための協奏曲は、

協奏交響曲とは呼称しないということかな。

176名無しの笛の踊り2013-01-19 03:13:09

>>136

>>166

183名無しの笛の踊り

>>166

武満さんの「海へ」(「海へⅠ」と表記する場合もあります)は、アルト・フルートとギターによる二重奏曲です。

(つまり、この曲には、ハープを使いません)

また、同じく武満さんの「そして、それが風であることを知った」は、普通のフルートとヴィオラとハープによる三重奏曲です。

従って、いずれも、「ハープ伴奏のフルート独奏曲」の対象外です。

184名無しの笛の踊り

>>183

>>166は、この2曲を、実は聴いた事が無いな?

聴いた事があるなら、絶対に間違えない筈だ。

194名無しの笛の踊り2014-02-21 22:30:47

吉野直子、コールズ、メヌーイン、ECOがどう考えても優美典雅の極まりで最高。

196名無しの笛の踊り2014-02-22 16:51:10

>>194

吉野さんの1回目の録音だけど、一番いきいきしているかも

2回目の時代楽器使った録音もアーノンクールとの共演がおもろい

231名無しの笛の踊り2014-05-14 05:13:04

>>231

精神病院の待合室でよく流れてる

233名無しの笛の踊り2014-05-14 14:11:21

>>231

そりゃ>>231の経験談だろうから信憑性は高い!

236名無しの笛の踊り2014-06-06 23:23:03

>>231

実際に待合室で待っている人の意見は重みがあるな

237名無しの笛の踊り2014-06-07 16:33:59

>>231

第2楽章だけではなくて、全楽章が癒しの音楽ではないかと

274名無しの笛の踊り2015-01-12 19:01:53

パユとアバドのはどう?

279名無しの笛の踊り2015-01-27 20:02:26

ツェラーとサバレタはどうかな?

286名無しの笛の踊り2015-02-25 23:20:32

>>274のパユと、>>279のツェラーを聴き比べてみた。

「天上の音楽」のイメージからすれば、パユ圧勝。

とても滑らか、ウェルバランス。ややハープは引っ込み気味。

ツェラーのは、バックのベルリンフィル含め(というか主にオケが)

古風なドイツのゴツゴツした感じ。

でもパユのカドが無い、引っ掛かりがないのが嫌って人にはいいかも。

284名無しの笛の踊り2015-02-22 07:51:55

この曲を流している病院はセンスが良い

287名無しの笛の踊り2015-02-25 23:59:23

>>284

以前、ある病院では、ピアコン9番第1楽章が

エンドレスで流れていた

290名無しの笛の踊り2015-02-27 01:32:00

>>287

おれの掛かりつけ病院、たまにフルートハープもかかってるけど最近はピアコン27番が全楽章エンドレス。

どちらにしても聞いてしまってリラックスできない。

315名無しの笛の踊り2015-10-26 21:44:05

病院でこの曲がかかっているといいなー

354名無しの笛の踊り2016-02-16 02:35:57

第2楽章は小学校の卒業式で流れていた。

今でも聴くとその時の恋の想いがよみがえる。

377名無しの笛の踊り2016-05-18 11:46:18

>>376

あ、わたしは「2楽章」しか聴きませんが。

379名無しの笛の踊り2016-05-18 21:02:12

>>377

ラファ乙